2020年01月23日

どんど焼き

家庭から、だるまや門松などのお正月飾りが沢山寄せられました。

IMG_1133.JPG

今年も1年間健康に過ごせるようにと願いを込めてあったかいどんどやの火にあたりました。
IMG_1139.JPG

残り火でおもやを焼いて、あつあつのおもやをみかんと一緒に食べました。
IMG_1143.JPG
posted by uno1 at 15:05| 日記

2019年12月26日

クリスマス会

12月24日は全園児が集まり、クリスマス会がありました。
職員の歌は「ああもみの木」と「荒れ野のはてに」IMG_1107.JPG

職員によるハンドベルの演奏は、「もろびとこぞりて」でした。
以前、卒園生のお宅から寄付していただいたハンドベルは、
毎年クリスマス会で美しい音色をきかせてくれます。
IMG_1110.JPG

カーテンのむこうから鈴の音がしてサンタさんが現れると、
子ども達は大歓声でした。
IMG_1111.JPG

サンタさんはとても大きな袋をしょっていました。
IMG_1112.JPG

小さい子から順番に贈り物をもらいました。
IMG_1116.JPGIMG_1120.JPG

サンタさんはひとりひとり頭をなででくれました。
IMG_1121.JPGIMG_1126.JPG

サンタさんはこれから世界中の子ども達に贈り物を配るために
出かけて行きました。
IMG_1128.JPG

子ども達は手を振ってお別れしました。








posted by uno1 at 15:11| 日記

2019年11月28日

お話の会

最近1週間ほどの3・4・5歳児の園内でのお話会の内容です。
3歳児のみに読んだ本や4〜5歳児のみに読んだ本なども混じっています。

P1060496.JPG

「ちいさなろば」…クリスマス前に一度は読みたい絵本 石井桃子さんの訳が良いです
「こねこのぴっち」……大人も子どもも楽しめる 石井桃子さんの訳がやはり良いです

P1060497.JPG

「ぐりとぐらのおきゃくさま」…とんびもたつのこもよく見ました。サンタさんが作った
チョコレートケーキは、その後海野保育園の園庭でもさかんに、もっと大きくなって、子ども
達によって作られました。
「くろうまブランキー」平易な文章ですが、最後は生きる者の死も扱っています。
大人がそばに置きたい絵本です。

P1060498.JPG

「エリーちゃんのクリスマス」……2〜3才から、かわいいほっとする絵です。小さめの絵なので
お母さんやお父さんが膝の上で読んであげたいです。
「ねないこだれだ」……せなけいこさんの名作!幼児までに一度は読みたい絵本。
「ふゆめがっしょうだん」……たくましい冬の木々。子ども達が聞きながら、「見たことあるぞ」と散歩に行ったあちこちの木に思いをめぐらせているのが、読んでいてわかります。

P1060500.JPG

「となかいはなぜサンタのそりをひく」……以前の年長児と、安曇野の絵本屋さん「森のおうち」
で買ってきた絵本です。絵も精密で読み応えがあります。
「のっぺらぼう」……怖いけど最後は心が暖かくなる絵本です。子ども達に大人気。

P1060501.JPG

紙芝居「やさしいまものバッパー」…脚本の野坂悦子さんの紙芝居についてのお話
を聞きに行き、購入しました。紙芝居の認識を変えるかもしれません。紙芝居と
絵本の違いを学ぶにも良い紙芝居。
紙芝居「おおきくおおきく おおきくなあれ」… 小さい子向きかとも思っていましたが
4〜5歳でもOKです。参加型のためかもしれません。

語り(すばなし)

IMG_8110.JPG

4〜5歳児に最近語ったのは、日本の昔話「さんまいのおふだ」です。
オニババが印象的だったようで、「怖い話して」という希望が多かったので、
今日は「おばけ学校の三人の生徒」松岡享子作 を語りました。かもしかも
たつのこもよく聞いてくれました。こわかったのか、驚いたのかどちらでしょうか?

posted by uno1 at 14:52| 日記